トピックス

トピックス

平成23年度税制改正 父母・祖父母からの贈与に対しての税率を軽減

父母・祖父母からの贈与に対して課税される贈与税について、平成23年度の税制改正により税率が引き下げられます。相続時精算課税についても、贈与者の年齢が65歳から60歳に引き下げられ、受贈者に20歳以上の孫が追加されるなど適用対象が拡大する予定です。次世代への財産移転を促し、住宅購入などの消費を活性化させるねらいがあり、平成23年分の贈与から適用される見込みです。相続税については改正により基礎控除額の縮小など増税に向かうため、生前贈与の活用の重要性が増すものと思われます。

改正案(1)~直系尊属(父母・祖父母)からの暦年贈与
基礎控除後の課税価格 税率(%) 控除額(万円)
200万円以下 10 -
200万円超400万円以下 15 10
400万円超600万円以下 20 30
600万円超1000万円以下 30 90
1000万円超1500万円以下 40 190
1500万円超3000万円以下 45 265
3000万円超4500万円以下 50 415
4500万円超 55 640
改正案(2)~通常の暦年贈与
基礎控除後の課税価格 税率(%) 控除額(万円)
200万円以下 10 -
200万円超300万円以下 15 10
300万円超400万円以下 20 25
400万円超600万円以下 30 65
600万円超1000万円以下 40 125
1000万円超1500万円以下 45 175

(2011.04.01)

  • 島田会計Staff Profile
  • 株式会社リリーフSTSS
ページの先頭へ

Copyright © 2017 Shimadakaikei All Rights Reserved.