ケーススタディ

法人成りサポート

Q:息子ではなく、娘に事業資産を譲りたい。

家を出て行った息子と相続の際に揉めたくないため、娘に事業資産をスムーズに譲っておきたいのですが、どうしたらいいでしょうか?

島田会計からの提案

提案のポイント

法人成りのメリットをご提案

結果

もともと個人事業所得が多額であり、節税面での法人成りのメリットがあったため、法人成りをご提案。
しかし、小規模企業共済の給付事由が(ご自身が社長の法人成りの場合)廃業より給付率が悪くなると判明。娘さんが株主の会社を設立し、ご自身は廃業することで、事業用資産を買取る形で事業を開始することをご提案しました。

担当者からのコメント

小野 良太

もともと娘さんにもっと経営者的視点に立ってほしいという気持ちがあったのが、今回の提案の実行の結果、娘さんが社長という形で事業継承ができ、自身の会社の事をよく考えるようになりました。
また依頼主もまだまだ娘さんに助言等は行いますが、事業の中心から離れたことでほっとされているようで、依頼主の事情にあったご提案ができたかなと思いました。

担当:小野 良太

さらに詳しく知りたい方はこちら

疑問・質問など、まずはお気軽にご相談ください。

  • 島田会計Staff Profile
  • 株式会社リリーフSTSS
ページの先頭へ

Copyright © 2017 Shimadakaikei All Rights Reserved.