ケーススタディ

法人成りの検討

Q:法人成りをしたほうがメリットはあるの?

個人で事業を行っていますが、事業も軌道に乗り所得金額も増えてきたので、法人成りを検討しています。ある程度の所得があれば、法人の方が税率は低くなり節税になると聞きましたが、法人成りをした方がよいのでしょうか?

島田会計からの提案

提案のポイント

法人成り後と個人事業継続の場合での比較シミュレーション

結果

シミュレーションの結果、法人成りをすることによって発生する費用が増加したとしても、消費税の2期間免税や給与所得控除の活用により、年間約100万円の節税が可能となりました。

担当者からのコメント

村田 圭吾

今回、相談者様は節税目的での法人成りを検討されていたため、役員報酬額などの条件を設定し、いくつかのケースを想定してシミュレーションを行いました。
設立に伴う費用や社会保険加入などにより、反対に費用が増加する可能性もあるため、法人成りをすれば、必ずしも税金や負担が軽くなるというわけではありません。
そのため、様々なケースを想定してシミュレーションをし、本当に法人成りをするメリットがあるのかを顧問先様とご一緒に検討させていただきます。

担当:村田 圭吾

さらに詳しく知りたい方はこちら

疑問・質問など、まずはお気軽にご相談ください。

  • 島田会計Staff Profile
  • 株式会社リリーフSTSS
ページの先頭へ

Copyright © 2017 Shimadakaikei All Rights Reserved.