ケーススタディ

不動産・相続問題の解決

Q:母の不動産、誰が相続するのがいい?

不動産経営をしていた母が亡くなり、相続が発生しました。
母の不動産について自分(S)が相続するか、息子・娘(母から見る孫)が相続するかどちらがいいでしょうか?家族構成は、S、妻、長男、長女、次女(子供は結婚・独立している)です。

島田会計からの提案

提案のポイント

結果

財産評価による現在の資産状況の把握をしていただくのに役立ったと考えます。
シミュレーションにより現在の財産状況を知っていただくことで、具体的に将来の土地の活用・分配についてイメージして頂けたと思います。
相続シミュレーションは3世代に渡って検討するほうが効果がある場合が多いため、早めに対策を開始するほうが良いと考えます。

担当者からのコメント

村田 圭吾

相続人間の話し合いもまとまり、不動産登記も完了してホッとされたようです。
今後は保険などを活用した納税資金対策を提案させていただきたいと思います。

担当:村田 圭吾

さらに詳しく知りたい方はこちら

疑問・質問など、まずはお気軽にご相談ください。

  • 島田会計Staff Profile
  • 株式会社リリーフSTSS
ページの先頭へ

Copyright © 2017 Shimadakaikei All Rights Reserved.