トピックス

トピックス:積立NISAの創設

積立NISAの創設

◆創設の背景

平成26年1月に投資家のすそ野拡大を目的に創設された「非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置」(NISA)は、口座開設数が約1千万口座、買付金額が約7.8兆円(平成28年3月末時点)と確実に普及し、28年1月からはジュニアNISAが開始されました。
NISAでは、積立型の投資も認められていますがその利用割合は低調であり、29年度の税制改正では、NISAの更なる普及のため、手元資金が十分でない若年層等の利用を促進する観点から、少額からの積立・分散投資に適した「非課税累積投資契約に係る非課税措置」(積立NISA)が創設されました。

◆制度の内容

居住者等が平成30年1月1日から49年12月31日までに積立NISA口座を開設し、その口座において年間投資額40万円を上限に長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託(非毎月分配型、信託期間が無期限または20年以上など)にかかる譲渡益や配当が非課税となります。ただし、現行NISAとは選択適用となります。

積立NISA 現行NISA
年間の投資上限額 40万円 120万円
非課税期間 20年間 5年間(ロールオーバーを利用して最大10年間)
口座開設可能期間 20年間
(平成30年~平成49年)
10年間
(平成26年~平成35年)
投資対象商品 積立・分散投資に適した一定の公募株式投資信託 上場株式・公募株式投資信託等
投資方法 契約に基づき、定期かつ継続的な方法で投資 制限なし
利用可能年齢 20歳以上
開設できる口座数 1人につき1口座(複数の金融機関で開設不可)
資産の途中引き出し いつでも可能

◆適用時期

平成30年1月1日以後の投資から。

NISAについて詳しく知りたい方は、「金融庁(NISA特設ウェブサイト)」のホームページをご覧ください。

  • 島田会計Staff Profile
  • 株式会社リリーフSTSS

Copyright © 2017 Shimadakaikei All Rights Reserved.