トピックス

トピックス:空き家を相続し売却した場合の特例

空き家を相続し売却した場合の3,000万円控除の要件について

この特例制度は、一人暮らしをされていた方が亡くなられた後の空き家を相続した方が、空き家を相続後3年経過した年の12月31日までに売却し、一定の要件に当てはまる場合に、譲渡所得から最高で3,000万円まで控除することで所得税を軽減できるものです。

主な要件は、以下のとおりです。

老人ホーム等入所者の適用要件は以下のとおりです。

  1. 被相続人が介護保険法に規定する要介護認定等を受け、相続の開始直前まで老人ホーム等に入所していたこと。
  2. 被相続人が老人ホーム等に入所した時から相続の開始直前まで、その家屋についてその方による一定の使用がなされ、事業用、貸付用、その方以外の方の居住用に使用されたことがないこと。

また、適用期限は2023年12月31日までに延長されています。

  • 島田会計Staff Profile
  • 株式会社リリーフSTSS

Copyright © 2020 Shimadakaikei All Rights Reserved.