トピックス

トピックス:ダイレクト納付

ダイレクト納付の推奨

昨今、納付書での税金の納付に代わり、「ダイレクト納付」という言葉を耳にする機会が増えたことと思います。そこで以下ではダイレクト納付に関して説明していきます。

1.ダイレクト納付とは

ダイレクト納付とは、e-Tax(国税電子申告・納税システム)により申告書等を提出した後、納税者ご自身名義の預貯金口座から、即時又は指定した期日に、口座引落しにより国税を電子納付する手続です。 ご利用に当たっては、事前に税務署へe-Taxの利用開始手続を行った上、税務署又は利用される金融機関に専用の届出書を提出していただくか、e-Taxにより届出書を提出する必要があります。

ダイレクト納付の申込をすることで、e-Taxから簡単な方法で口座引落により納付する方法です。

2.ダイレクト納付の利点

(1)引落日を指定できます

事前に引落口座及び引落日を指定できるため、忘れることなく納付することが可能です。

(2)紙による納付書が不要になる

紙の納付書を使用する場合、納付書を受け取り、金額を記入したうえで金融機関で振込をする必要がありますが、ダイレクト納付にすると紙が不要になるため手間も減ります。

(3)予納が可能になる

ダイレクト納付を利用している方であれば、確定申告により納付することが見込まれる金額について、その課税期間中に、あらかじめ納付日と納付金額等をダイレクト納付画面により登録しておくことで、登録した納付日に預貯金口座から振替により納付(予納)することができます。 
納付日や納付金額を複数登録することができますので、定期的に均等額を納付することや、収入に応じた任意のタイミングで納付することができます。

【参考】 国税庁HP ダイレクト納付の手続

  • 島田会計Staff Profile
  • 株式会社リリーフSTSS

Copyright © 2022 Shimadakaikei All Rights Reserved.